東京23区の単身者向け賃貸住宅の空室率TVIの推移 ~賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2021年11月~

NO IMAGE

 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:尾暮 敏範)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2021年11月」を発表しました。

 トピックスとして「首都圏の指標算出に用いるデータの切り替えについて」と「東京23区の単身者向け賃貸住宅の空室率TVIの推移」を掲載しています。また賃貸住宅指標は2021年9月期の空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)を掲載しています。

詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2021年11月」

https://go.tas-japan.com/l/592651/2021-11-24/35wgjj

レポートの概要

(1)首都圏の指標算出に用いるデータの切り替えについて

 首都圏の賃貸住宅指標は2010年に提供を開始しました。その当時の分析環境では(システム容量の問題で)住宅情報提供会社から提供されている全データ(以下、「全データ」と呼びます)を扱うことができませんでした。このため、タスで開発した特定のルールに従って物件データの絞り込みを行い(以下、「絞り込みデータ」と呼びます)、賃貸住宅指標を算出することとしました。以降、タスでは、人口動態や着工統計等に基づく需給状況の分析結果と賃貸住宅指標の整合性の確認を定期的に行いながら、賃貸住宅指標を発表してきました。

 ところが、新型コロナウイルスの感染拡大により、市場環境が激変した影響を受け、絞り込みデータで分析した賃貸住宅指標と需給分析の結果に乖離が見られるようになりました。こうした状況を受けて、タスでは対応策の検討を行ってまいりました。その結果、指標開発当初に比較して、システム上で扱えるデータ容量が飛躍的に増大していることから、首都圏の指標算出に用いるデータを全データに切り替えることとしました。

 全データを使用した分析に切り替えることで、これまで発表した首都圏賃貸住宅指標との連続性が損なわれます、そこで、首都圏の賃貸住宅指標(全データによる分析)を過去3年分に遡って公開いたします。

(2)東京23区の単身者向け賃貸住宅の空室率TVIの推移

 前月号において、東京23区の単身者向け賃貸住宅の需要が減少していることを分析しました。今月号では、その補足版として、東京23区の各区の単身者向け賃貸住宅の空室率TVIが20年度にどのくらい変化したかを、間取り別(ワンルーム、1K)、面積別(20m2未満、20m2~40m2)の計4分類で分析します。

 江戸川区は、空室率TVIの上昇幅が、ワンルーム、20m2未満に偏っています。江戸川区ほど極端ではないですが、足立区にも同様の傾向が観察できます。ワンルームの空室率TVI上昇幅の方が圧倒的に大きい区(北区、荒川区、足立区、江戸川区)は、東京23区の東側に偏っている一方で、1Kの空室率TVI上昇幅の方が圧倒的に大きい区(千代田区、中央区、文京区、江東区、世田谷区、渋谷区、中野区、板橋区、練馬区)は、東京23区の中央から西側に偏っています。20m2未満の空室率TVI増加幅の方が圧倒的に大きい区(千代田区、台東区、中野区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)は、千代田区、台東区を除き東京23区の外側に位置する区が多いのに対し、20m2~40m2の空室率TVI増加幅の方が圧倒的に大きい区(中央区、文京区、江東区、荒川区)は東京23区の中央部に位置している区が多いことがわかります。

 空室率TVIの増加幅は東京23区の外側に位置する区で大きい傾向にあります。これはアパート系の賃貸住宅が多くなることが要因と考えられます。

東京23区各区空室率増減

(3)2021年9月期1都3県賃貸住宅指標

 新型コロナ陽性者の減少に伴い、アパート系空室率TVIは改善傾向となりました。マンション系空室率TVIにも改善に転ずる兆しが見られます。東京23区の賃料は減少傾向で推移しています。

[東京都]

           全域   23区   市部

空室率TVI(ポイント):14.50   13.72   19.10

募集期間(ヶ月)   :4.21   3.97   5.44

更新確率(%)    :43.13   42.96   43.98

中途解約確率(%)  :40.52   40.47   40.88

賃料指数      :107.76  108.57  102.41

2004年1Q=100

[神奈川県]

空室率TVI(ポイント):16.51

募集期間(ヶ月)   :5.05

更新確率(%)    :43.10

中途解約確率(%)  :41.79

賃料指数      :100.54

2004年1Q=100

[埼玉県]

空室率TVI(ポイント):18.73

募集期間(ヶ月)   :5.36

更新確率(%)    :43.54

中途解約確率(%)  :41.93

賃料指数      :105.28

2004年1Q=100

[千葉県]

空室率TVI(ポイント):17.04

募集期間(ヶ月)   :4.47

更新確率(%)    :43.95

中途解約確率(%)  :41.41

賃料指数      :105.68

2004年1Q=100

分析:株式会社タス

(4)2021年9月期 関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標

 新型コロナ陽性者が多かった大阪府ではアパート系空室率TVIの悪化が続いています。中部圏の空室率TVIには改善傾向が見られます。賃料指数は兵庫県を除き上昇傾向で推移しています。

[大阪府]

空室率TVI(ポイント):10.01

募集期間(ヶ月)   :5.06

更新確率(%)    :45.15

中途解約確率(%)  :43.18

賃料指数      :108.00

関西圏:2009年1Q=100

中京圏、福岡県:2010年4Q=100

[京都府]

空室率TVI(ポイント):14.87

募集期間(ヶ月)   :5.27

更新確率(%)    :40.32

中途解約確率(%)  :42.97

賃料指数      :108.46

関西圏:2009年1Q=100

中京圏、福岡県:2010年4Q=100

[兵庫県]

空室率TVI(ポイント):13.64

募集期間(ヶ月)   :5.68

更新確率(%)    :43.20

中途解約確率(%)  :45.47

賃料指数      :108.52

関西圏:2009年1Q=100

中京圏、福岡県:2010年4Q=100

[愛知県]

空室率TVI(ポイント):19.13

募集期間(ヶ月)   :5.86

更新確率(%)    :42.14

中途解約確率(%)  :45.77

賃料指数      :106.19

関西圏:2009年1Q=100

中京圏、福岡県:2010年4Q=100

[静岡県]

空室率TVI(ポイント):26.21

募集期間(ヶ月)   :8.21

更新確率(%)    :46.44

中途解約確率(%)  :43.17

賃料指数      :100.22

関西圏:2009年1Q=100

中京圏、福岡県:2010年4Q=100

[福岡県]

空室率TVI(ポイント):10.79

募集期間(ヶ月)   :5.30

更新確率(%)    :47.67

中途解約確率(%)  :38.88

賃料指数      :114.04

関西圏:2009年1Q=100

中京圏、福岡県:2010年4Q=100

分析:株式会社タス

詳細はPDFファイルをご参照ください。

詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2021年11月」

https://go.tas-japan.com/l/592651/2021-11-24/35wgjj

過去のレポートについてはこちらをご覧ください。

https://corporate.tas-japan.com/news/report

■株式会社タスについて

 株式会社タスは、顧客や社会の課題解決を通じて人と空間との新たな「つながり」を生み出すトヨタグループのイノベーションカンパニーです。トヨタ自動車、豊田通商、朝日航洋、三友システムアプレイザルの4社の出資で2000年に設立された不動産テックの老舗ともいうべき会社です。

 日本で初めて、Webベースの不動産評価サービスを開始したTAS-MAPや、ビッグデータを活用した不動産市場分析サービスのほか、お客様のご要望に応じて個別に分析を行うカスタム分析のサービスも提供しています。

会社名  : 株式会社タス(英語名 TAS Corp.)

所在地  : 東京都中央区八丁堀3丁目22番13号 PMO八丁堀4F

設立年月日: 2000年8月28日

資本金  : 1億8千万円

出資   : トヨタ自動車株式会社

       朝日航洋株式会社

       株式会社三友システムアプレイザル

       豊田通商株式会社

Web    : https://corporate.tas-japan.com/

テクノロジーカテゴリの最新記事