Nif Coffeeの新サービス “200g 949円”最高級スペシャルティコーヒー豆がお得に買えるサブスクが2021年11月からスタート

NO IMAGE

商品はたった2種類のみ、販売は自動販売機とネットショップのみ 
販売は自動化し、製造に特化することで高付加価値を低価格で提供、高コスパを実現

株式会社ニフコーヒー(神奈川県川崎市、代表:小川 健介)は、2021年11月に更にお手軽に、更にお得にコーヒー豆をお届けする新サービス、「Nif Coffee定期購入」サービスを開始しました。

通常商品でも200g 999円と、とてもお買い得なNif Coffeeの豆が更にお得に買える新サービスです。

「Nif Coffee定期購入」サービス

株式会社ニフコーヒーは2021年9月に自動販売機とネットショップ販売専門のスペシャルティコーヒー豆専門店「Nif Coffee」をオープンしました。

<Nif Coffee特設ページ>

https://www.nifcoffee.com/specialpage

Nif Coffeeは9月の開業前にクラウドファンディング「CAMPFIRE」にて先行販売を実施。

開業前から多くの注目・支援を集めました。

<結果>

期間   :2021年7月27日~8月27日(一ヶ月間)

支援者  :539人

支援総額 :2,062,360円

目標達成率:1,031%

■株式会社ニフコーヒーとは

この会社を起業したのはスペシャルティコーヒーのトップランナー企業で要職を勤めた2人。

小川 健介(Nif Coffee代表)と渡邉 健也(Nif Coffee取締役兼ロースト担当)。

商品はたった2種類のみ、販売は自動販売機とネットショップのみ。

販売は自動化し、製造に特化することで高付加価値を低価格で提供、高コスパを実現。

前職で培った技術とノウハウを活かし、高いレベルのスペシャルティコーヒー豆を製造。

他に例の無いビジネスモデルで市場価格の1/2~2/3という低価格を実現(自社調べ)。

一般的なコーヒーショップとコスト構造が全く違うので、例えるなら「俺のフレンチ」や「ahamo」に通ずる要素があるかもしれません。

価値を生まない仕事は全て省き、お客様の価値につながる“美味しさ”、“品質”、“顧客満足”の向上に全力を注ぐ、新しいコーヒービジネスのあり方、新しいネットビジネスのあり方を開拓する新進気鋭のコーヒーショップです。

商品は2種のみ

■プロフィール

<小川 健介(おがわ けんすけ)>

株式会社ニフコーヒー代表取締役/マネジメント担当

ル・コルドン・ブルー代官山校、料理・菓子上級卒業し同校グランディプロムを取得。レストラン・パティスリー・チェーンのカフェで店長など5年で食の現場とマネジメントの両面で経験を積む。

国際的なコーヒー鑑定の資格“Qグレーダー”取得を機に堀口珈琲へ入社、約10年の勤務を経て退職。

喫茶店舗のマネジメント→販売戦略責任者→ネットショップ責任者&物流責任者と様々なポジションで活躍。

コーヒーの知識はもとより、会計、財務、デザインや動画編集、プログラムやシステム開発もこなしマルチな活躍をした後独立しNif Coffeeを開業する。

<渡邉 健也(わたなべ けんや)>

株式会社ニフコーヒー取締役/ロースト担当

大学卒業後、ソフトウェア開発職を経てコーヒー業界へ転身。

Qグレーダー資格を取得した後2009年堀口珈琲入社。

コーヒー製造補助、出荷、喫茶、店頭販売を経て百貨店での催事責任者や店長職を経験。

それと並行して生豆購買部署の副部門長として約5年間取扱い商品の素材選定業務に携わる。

焙煎は約7年経験、横浜の新山下に新設した堀口珈琲横浜ロースタリーにて焙煎責任者として2台の20kg焙煎機で年間約100t、8,000回の焙煎を監督してきた。

左:小川 右:渡邉

■会社概要

商号  : 株式会社ニフコーヒー

代表者 : 小川 健介

所在地 : 川崎市多摩区三田1-8-9-107

設立  : 2021年3月

事業内容: コーヒーの加工、販売

URL   : https://www.nifcoffee.com

その他ライフスタイルカテゴリの最新記事