本当の「SF」を描く NICE STALKER『スペキュレイティブ・フィクション!』上演間近 カンフェティで限定割引チケット発売

NO IMAGE
NICE STALKER(主宰:イトウシンタロウ)による『スペキュレイティブ・フィクション!』が2021年12月1日 (水) ~2021年12月5日 (日)にザ・スズナリ(東京都世田谷区)にて上演されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて限定割引チケットも発売中です。

カンフェティでチケット発売中
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=63664&
★カンフェティ限定割引チケットあり

公式ホームページ
http://nice-stalker.com/

2021年4月に上演予定だった公演をいよいよ復活上演。同じキャスト、同じ劇場、ほぼ同じ座組で上演致します。

「スペキュレイティブ・フィクション」とは、1960~70年代に巻き起こった「ニューウェーブ運動」において、「サイエンス・フィクションは大衆的で浅薄である」という偏見に対抗するために、「SF」を哲学的・思弁的(Speculative)な観点から捉え直す事を目的に掲げられた造語。
科学とオカルトの境が曖昧になるような、「不可解」なフィクションを描きます。

主演の善雄善雄(ゴジゲン)、ヒロイン役の太田ナツキは作・演出 イトウシンタロウがそれぞれの持ち味からあてがき。
2016年に同じく「SF」をテーマに上演した『量子的な彼女』と同じ舞台設定を使った新たな物語をお届けします。

NICE STALKERとは

作家イトウシンタロウを主宰とする「個性的な女子」をフィーチャーした作品制作を行う団体です。最新のWEBやIT、プログラミング技術を駆使し、デジタル・ネイティブ世代の肌感覚に沿った「オンラインの身体」の実感を舞台上に再現しています。イトウの個人企画を経て2014年頃より正式に団体名を「NICE STALKER」として活動しています。

STORY

「SFって聞いて『サイエンス・フィクション』の略だと答えるのは一般人。『すこし・ふしぎ』って答えるのは、訳知り顔の事情通。…だけど、21世紀も20年を過ぎて、今さら藤子不二雄もないでしょう?」 「じゃあ、先輩にとってSFは何の略なんですか?」

「…スペキュレイティブ・フィクション!」

「科学」では定義することのできない「不可怪」を再定義する思弁、熱弁、詭弁の数々。安易なボーイミーツガールには絶対なり得ない、小理屈と屁理屈に溢れたスペキュレイティブな物語。

公演概要

NICE STALKER『スペキュレイティブ・フィクション!』
公演期間:2021年12月1日 (水) ~2021年12月5日 (日)
会場:ザ・スズナリ(東京都世田谷区北沢1-45-15)

■出演
善雄善雄(ゴジゲン) / 太田ナツキ / イグロヒデアキ / 佛淵和哉 / 大森翔吾 / 東京ドム子 / 日野あかり / 藤本紗也香 / 藤本海咲 / 他

■スタッフ
作・演出: イトウシンタロウ
制作: 横井佑輔(Play Plan)
舞台監督: 水澤桃花(箱馬研究所)
音: 北島とわ(Portowal birch)
照明: 一場美紀(DISCOLOR Company)
美術: 渡部美和(SABI. iro .design)
宣伝美術: 藤尾勘太郎
スチール: あかさかくみ
協力: 株式会社メディアライブ
企画・製作: NICE STALKER 製作委員会

■公演スケジュール
2021年
12/1(水)19:00
12/2(木)19:00
12/3(金)14:00/19:00
12/4(土)14:00/19:00
12/5(日)13:00
※開場は、開演の30分前

■チケット料金
全席指定:3,800円→ カンフェティ席2,800円!
(税込)

エンタメカテゴリの最新記事