海外から注目される津野励木監督 映画『MAD CATS』冒頭10分を大公開! 〜日本にもこんなロケ地あったんだ?〜

NO IMAGE

ノアド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:浦野大輔)は、現在製作中の映画「MAD CATS」の冒頭10分を公開いたします。まるで海外のような壮大なスケールで撮影した本編の雰囲気をお楽しみください。

■まるで海外みたいな壮大なスケール

日本離れした壮大なロケーション、残酷ながらもどこか漂うカタルシス…

今回、私たちは自主制作で本作品を作っています。低予算の自主映画でも、全国各地のロケーション探し、作り込んだ美術、魅力的なキャスト、そしてスタッフの熱意によってなんとか撮影終了まで走り切りました。

そんなこだわりの詰まった作品の冒頭を、ぜひご覧ください。
「日本でもこんな映画があるんだ!」と思っていただけたら嬉しいです。

■クラウドファンディングも実施中!

ポスプロ&海外展開用のクラウドファンディングも実施中です。
魅力的なリターンをご用意しております。
作品をもっとみなさんに楽しんでいただけるよう、応援よろしくお願いいたします!

■監督プロフィール

津野 励木

米国アカデミー賞選定員や米国メディアから「とにかく次回作を!」と大絶賛を浴び、米国配信チャンネル「ALTER」では12万回再生、825コメントを記録し海外市場で注目を浴びている。 アイルランドにて映像制作を学び始め、ニューヨークの映画学校を卒業。ホラー界名門トロマにてカルト映画の巨匠ロイド・カウフマン監督に師事。 短編映画「CRYING BITCH」でSXSW映画祭2018、モントリオールファンタジア国際映画祭に選出されるなど、世界から注目されている。

■プロデューサープロフィール

浦野 大輔

映画配給会社から出版社なで宣伝、PRと様々な経歴を持つ。 累計200作品の映画予告編からホログラム、プロジェクションマッピングなど、デジタルクリエイティブも演出する。美意識のある国を目指し、新しい才能や新しい表現をモットーにプロデューサーとして活躍。代表作は、劇場版『パタリロ!』や日本で一番美しいビジュアルの映画を目指した映画『いなくなれ、群青』。また京都国際映画祭プログラムディレクター、沖縄国際映画祭クリエイターズファクトリー審査員、JAPAN CONECT Hollywood フィルミネーション賞審査員も務める。
ノアド 代表取締役
海外に映画を広める フィルミネーション株式会社 取締役

■MAD CATS公式SNS

オフショットや撮影秘話などが見れるかも?フォローお待ちしております!

▶︎Twitter @madcatsmovie:https://twitter.com/madcatsmovie
▶︎Instagram @madcatsmovie:https://www.instagram.com/madcatsmovie/
▶︎Facebook @madcatsmovie:https://www.facebook.com/madcatsmovie

エンタメカテゴリの最新記事