データの民主化を阻む敵を倒せ!USEN様のnehan活用事例を公開

NO IMAGE

“データ分析は前処理の時間が8割” の常識を覆す

株式会社nehanは、分析ツール「nehan」の活用事例として、株式会社USEN様の事例を公開いたしました。
本事例は、ひとえに前処理の効率化がどれだけ重要であるかを教えてくれます。
nehan導入後、日々の業務効率化の達成はもちろんのこと、活用のためのデータを現場へ届ける仕組みを実現。
しかも、データ分析「非」専門の方々の手によって成し遂げられています。

本事例における、nehanのお役立ちポイント

1. データの取り込み、前処理、活用、をワンサービスで実現する機能思想
2. SQL不要でデータを取り込める「SQLビルダー」
3. BI機能を内包。前処理結果をシームレスに可視化に繋げられる

USEN様の活用イメージ
USEN様の活用イメージ
DXや、データの民主化を実現するための課題として、「データが汚くて・・・」「人材がいなくて・・・」などが挙がりますが、残念ながらそんなことを言い訳にできる時代ではなくなりました。
私達は、DX・データの民主化は、外から与えられるものではなく、内から沸き起こすものだと考えます。
本事例のように、分析ツールnehanが起爆剤となり、業務改革を実現していくシーンを増やしていけるよう、引き続きサービス改善を進めてまいります。
【株式会社nehanについて】
URL : https://nehan.io/
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町4-17 PORTAL Apartment & Art POINT404
代表者名 : 代表取締役 中原 誠

IT・ネットワークカテゴリの最新記事