国内最大規模のピアノコンクール 最上級「特級」セミファイナリスト決定!

NO IMAGE

 例年のべ4万5千人が参加するピティナ・ピアノコンペティション(主催:一般社団法人全日本ピアノ指導者協会/略称:ピティナ)は、新型コロナウィルス感染症の影響でほぼすべての部門で中止を余儀なくされたが、最難関となるソロ部門「特級」は無観客審査・ライブ配信で開催を続けている。8月6日(木)の三次予選を終え、セミファイナルに進出する7名が決定した。

 

※左から 三上 結衣・村上 智則・尾城 杏奈・谷 昂登・岸本 隆之介・山縣 美季・森本 隼太

 

 18日(火)のセミファイナルで7名からさらに選ばれた4名が、21日(金)のファイナルに臨む。音楽の殿堂サントリーホールで開催されるファイナルは、プロのオーケストラをバックにした協奏曲の審査だ。過酷なスケジュールと課題曲をこなした過去の特級参加者の多くが国際的なコンクールでも優秀な成績を収めており、今回のセミファイナリストのなかには既に来年のショパン国際ピアノコンクール予備予選に出場を決めている者もいる。国内の若手ピアニストの中でもトップレベルの若者たちがしのぎを削る特級は、ピアノを弾く子どもたちの憧れの存在を輩出する意味でも、民間のピアノ教育の中で大きな役割を果たしている。

 

ライブ配信で広く知られた未来のピアニストたち 予選ライブ配信再生回数がのべ12万回に

 

 無観客開催となった8月3日(火)・4日(水)の二次予選だが、特級に挑む若者たちを応援しようと、ライブ配信には平日にもかかわらず多くの視聴者が集まった。特筆すべきは、24名のまだ知られざる若者たちの演奏に、2日間の配信時間で常時1500人以上、時に2000人と昨年までのファイナルのライブ配信視聴者数に迫る人数が予選の段階から継続して視聴し、応援を続けていたことである。若者の熱意への「応援」と「共感」は、クラシックを知らない人もみな同じように感動を分かち合える場をつくったようだ。動画ののべ再生回数は12万回におよび、配信型のコンクールがコンサート鑑賞の新しい扉として音楽のさらなる普及に貢献したといえる。

 配信中にオンラインでできる「投げ銭」寄付の呼びかけにも、二次予選だけで6万円以上の寄付が集まっている。寄付は、ピティナがコロナウィルスの影響で2億円の損失を被る中で呼びかけを始めた「特級ファイナル開催支援基金」への支援として扱われる。セミファイナル・ファイナルのライブ配信でもさらに多くの観客を集め、挑戦者たちへの応援を呼び掛けたい意向だ。

 

 

 

◆セミファイナリストプロフィール(セミファイナル演奏順)

1)三上 結衣(みかみ・ゆい)

北海道札幌市で生まれ育つ。桐朋学園大学大学院修士課程1年在学中。東京都調布市在住。

2)村上 智則(むらかみ・とものり)

愛媛県今治市に生まれ、愛媛県松山市で育つ。愛媛県立松山東高等学校を経て、現在東京藝術大学3年在学中。東京都台東区在住。

3)尾城 杏奈(おじろ・あんな)

大阪府吹田市に生まれ、神奈川県横浜市で育つ。現在まで在住。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学を卒業。現在同大学大学院修士課程1年に在学中。神奈川県横浜市在住。

4)谷 昂登(たに・あきと)

福岡県北九州市に生まれ育つ。現在、桐朋女子高等学校音楽科(共学)2年に特待生として在学中。東京都府中市在住。

5)岸本 隆之介(きしもと・りゅうのすけ)

東京都に生まれ、北海道札幌市で育つ。私立希望学園北嶺高等学校3年。北海道札幌市在住。

6)山縣 美季(やまがた・みき)

神奈川県鎌倉市に生まれ育つ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部1年在学中。神奈川県鎌倉市在住。

7)森本 隼太(もりもと・しゅんた)

京都府京都市に生まれ、京都府宇治市で育つ。学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校に在学中。京都府宇治市在住。

 

◆演奏配信スケジュール 

8月8日(土)10:30~:三次予選(プレミア公開)

8月18日(火)10:30~:セミファイナル(ライブ配信)

8月21日(金)16:30~:ファイナル(ライブ配信)

 

◆特級とは:

https://compe.piano.or.jp/event/tokkyu/about.html

◆特級ファイナル開催支援基金:

https://www.piano.or.jp/info/donation/projects/ptna/final_shien.html

 

 

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ) とは?

1966年に創立されたピアノ指導者の団体で、全国に約17,000人の会員と、620箇所の拠点を持つ。また、のべ45,000組超の参加者を誇る世界最大規模のピアノコンクール「ピティナ・ピアノコンペティション」や、全国600地区で通年行われ約48,000組のピアノ学習者・愛好者が参加するアドバイス付きの合同発表会「ピティナ・ピアノステップ」等、ピアノ教育・音楽教育活動を進めている。

 

本部事務局:東京都豊島区巣鴨1-15-1 

代表者:福田成康(ふくだ・せいこう 専務理事)

 

アート・デザインカテゴリの最新記事