小林クリエイト、自社植物工場の野菜を静岡県内の児童養護施設と老人ホームに無償提供

小林クリエイト、自社植物工場の野菜を静岡県内の児童養護施設と老人ホームに無償提供

小林クリエイト株式会社(本社:愛知県刈谷市、代表取締役社長:小林 友也、以下 当社)は、当社の植物工場「富士ベジ工房」(静岡県富士市五貫島310)で栽培した野菜を静岡県富士市内の児童養護施設と老人ホームに無償提供いたしました。

新型コロナウイルスによって社会・経済に様々な影響が出ている中、日頃お世話になっている地域の皆様のために当社としてできることはないかと富士市役所に相談したところ、社会福祉法人芙蓉会 児童養護施設「ひまわり園」様(静岡県富士市今泉)をご紹介いただきました。ひまわり園様では、学校が長期休校となっているために食事手配の負担が大きくなっているとのお話を伺いました。このような状況を受け、当社は「ひまわり園」様と同施設内にある特別養護老人ホーム「みぎわ園」様に当社の植物工場「富士ベジ工房」で栽培した野菜を食材として無償提供いたしました。当面の間、毎週12kgの野菜を両施設へ無償提供する予定です。

提供した野菜

■富士ベジ工房とは

富士ベジ工房は、徹底した衛生管理を施した完全閉鎖型の植物工場です。水耕栽培により、レタスをはじめ、グリーンリーフやサラダ菜などの葉物野菜を生産しています。当社の野菜は農薬を一切使用していないため、洗浄をする必要が無く下処理の手間がかかりません。日持ちもよく、季節や天候に左右されずに年間を通して安定的にご提供できます。

また愛知県に本社を置く当社では、自動車製造を中心とする工業系製造業関連の企業様に対し、現場の生産物流情報に関する業務改善提案に長年取り組んでまいりました。その経験を活かし、生産には、生育状況や進捗状況、液肥処方を管理する自社開発システムを取り入れ、効率的な栽培を行っています。

<当社開発のシステム>

・農業向け情報管理システム[agis(エイジス)生育管理システム]

従来は経験・勘・コツに頼っていた植物の生育状況の管理や圃場作業の進捗管理を二次元コードまたはRFIDを用いた自動認識技術で簡単・正確に収集・紹介・分析できるようにするシステムです。

・最適液肥処方システム[iponics(アイポニック)]

植物工場運営で得た液肥管理のノウハウをシステム化し、個々の水耕栽培の現場に則した液肥管理を行うことにより、安定生産を実現するためのシステムです。

詳細は当社HPにて紹介しております。

小林クリエイトHP アグリ事業

URL: https://k-cr.jp/product/healthcare_and_lifecare/agri/

■小林クリエイト株式会社概要

小林クリエイト株式会社は、1937年に国内で初めて計測用記録紙の製造に成功した印刷会社です。

創業80年を超えた今、数多くの身近な印刷物を提供すると同時に、自動車製造業向けの生産物流システム等のシステム開発やデータ処理事業など多岐にわたる製品・サービスを提供しております。

アグリ事業は、2011年に自社の設備やノウハウを活用して安心・安全な食作りに貢献したいとの思いでスタートしました。現在は主に静岡県の植物工場「富士ベジ工房」でレタスやコーラルリーフ、ベビーリーフなどの栽培を行っています。

いつの時代もお客様から「ありがとう」といっていただける企業であり続けるために、私たちは印刷という枠にとらわれず、新しいことに常にチャレンジしていきます。

商号  : 小林クリエイト株式会社

代表者 : 代表取締役社長 小林友也

所在地 : 〒448-8656 愛知県刈谷市小垣江町北高根115番地

創業  : 1937年4月1日

事業内容: 記録紙の製造・販売、ビジネスフォーム

      植物工場による野菜の生産・販売

      業務システムの開発・販売・保守・運用

      データプリントサービスなどの業務受託サービスの販売・運用

資本金 : 1億円

URL   : https://k-cr.jp

IT・ネットワークカテゴリの最新記事