Sophos Central Server Protection、ソフトバンクの「ホワイトクラウドASPIRE」のセキュリティオプションサービスとして採用

NO IMAGE
2020年4月9日
<<報道資料>>
ソフォス株式会社

Sophos Central Server Protection、ソフトバンクの「ホワイトクラウドASPIRE」のセキュリティオプションサービスとして採用

ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス (日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、同社のSophos Central Server Protectionが、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)が提供するクラウドサービス「ホワイトクラウド ASPIRE」(以下、ASPIRE)のセキュリティオプションサービスとして採用されたことを発表します。ASPIREは、VMwareの仮想化基盤を利用したSLA99.999%を誇る国産IaaSで、ソフトバンクの信頼性の高いネットワークと国内データセンターを組み合わせることで、顧客の要求に対応する柔軟な基盤を提供します。

Sophos Central Server Protection は業務に影響を与えることなく重要なサーバーを保護することを目的に開発されており、さまざまな機能を使用して、Windows と Linux のサーバーを悪意のある攻撃から保護します。ソフトバンクはASPIREをご利用の企業向けに、当ソリューションを活用して手軽に不正プログラム対策を実施できるよう、一時費用:無料、月額料金:1,000円/VM(税別)という低価格で提供します。詳細は、https://www.softbank.jp/biz/cloud/iaas/aspire/ をご覧ください。

●ソフォスについて
ソフォスは、次世代サイバーセキュリティの世界的リーダーとして、150か国以上のあらゆる規模の400,000社以上の企業を今日の最も高度なサイバー脅威から保護しています。 SophosLabsのグローバルな脅威インテリジェンスおよびデータサイエンスチームにより、ソフォスのクラウドネイティブでAIによって機能拡張されたソリューションは、ランサムウェア、マルウェア、エクスプロイト、データ流出、自動化されたアクティブな攻撃、フィッシングなど進化するサイバー犯罪技術からエンドポイント(ラップトップ、サーバー、モバイルデバイス)とネットワークを保護します。クラウドネイティブな管理プラットフォームであるSophos Centralは、Intercept XエンドポイントソリューションやXG次世代ファイアウォールなど、ソフォスの次世代製品ポートフォリオ全体を、APIのセットを介してアクセス可能な単一の同期セキュリティ(synchronized security)システムに統合します。ソフォスは、クラウド、機械学習、API、自動化、MTR(Managed Threat Response)などの高度な機能を活用して、あらゆる規模の企業にエンタープライズレベルの保護を提供し、次世代サイバーセキュリティへの移行を推進しています。ソフォスは、53,000社以上のパートナーおよびマネージドサービスプロバイダー(MSP)からなるグローバルチャネルを通じて製品を販売しています。ソフォスはまた、革新的な商用テクノロジーをSophos Home経由で消費者に提供しています。ソフォスの本社は英国オックスフォードにあります。詳細については、www.sophos.com (日本語サイト:https://www.sophos.com/ja-jp.aspx )をご覧ください。

●報道関係のお問合せ先
ソフォス株式会社広報事務局
Tel: 03-6454-6930
Email: sophos@ambilogue.com

IT・ネットワークカテゴリの最新記事