最新導入事例:独立行政法人国立高等専門学校機構 福島工業高等専門学校「磐陽寮」様

NO IMAGE

 FXC株式会(本社:東京都台東区、代表取締役:谷輪 重之)は、国立福島工業高等専門学校様の学生寮にFXC 製の小型無線LAN ルータ「AE1051PE」、L3スイッチ「FXC9324XG」、PoEスイッチ「FXC5224PE」をご導入頂きました。

導入に至った経緯や選定ポイントなど、詳しくはレポートを是非ご覧ください。

 

◆導入事例: 独立行政法人国立高等専門学校機構 福島工業高等専門学校「磐陽寮」様

 https://www.fxc.jp/case_study/FukushimaCollege.html

 

【お客様Profile】

 ・独立行政法人国立高等専門学校機構 福島工業高等専門学校

  http://www.fukushima-nct.ac.jp/

 

  独立行政法人国立高等専門学校機構 福島工業高等専門学校は、東北地区で最初の国立高等専門学校として、昭和37年に開校した歴史ある高等専門学校。

 学科は、機械システム工学科、電気電子システム工学科、化学・バイオ工学科、都市システム工学科、ビジネスコミュニケーション学科、専攻科、一般教科の7学科で編成されており、約1,000名の学生が在籍しています。 

 

【導入背景】

 以前は据え置き型の無線アクセスポイントを利用していたが、機器の老朽化もあり、学生から「インターネットが繋がらない」などの声が多くあがっていた。

 これをを受け、新たな無線アクセスポイント導入の検討に入った。

 

【導入製品】

 ・情報コンセント型無線LANルータ「AE1051PE」169台

 ・L3スイッチ「FXC9324XG」1台

 ・Giga SFPモジュール「MGB-SX」8台

 ・L2PoEスイッチ「FXC5218PE」3台、「FXC5224PE」14台

 ・L2スイッチ「FXC5210」4台

 ・ネットワーク機器集中管理用ソフトウェア「FSW-CONFIG2」2台

 

【選定理由】

 ・2.4GHz帯と5GHz帯を同時利用可能であること

 ・上記無線と有線LANポートも併用可能であること

 ・各部屋内に無線アクセスポイントを設置することで、学生が確実に無線LANを利用できること

 ・無線アクセスポイントの存在を意識しないデザイン性であること

 

【導入効果】

 インターネットが繋がらないなどの不具合は解消され、快適に無線LANを利用できている

 

IT・ネットワークカテゴリの最新記事