新型コロナウイルスによる小中学校の一斉休校を「らくらく連絡網」の学習支援サービスで乗り切ろう!

新型コロナウイルスによる小中学校の一斉休校を「らくらく連絡網」の学習支援サービスで乗り切ろう!
株式会社イオレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小川 誠、以下イオレ)は、当社が企画・運営する「らくらく連絡網」を利用する小中学生のお子さまを持つ保護者向けに、新型コロナウイルスによる小中学校一斉臨時休校に伴う小中学生の学習支援に関する情報を提供します。
  • 中学生の学習支援情報を特別掲載

 新型コロナウイルス感染症対策のため、全国で多くの小学校・中学校、高校及び特別支援学校等は、2020年3月2日から春休みに入るまで臨時休校となっております。
 家の中で勉強をしなくてはいけない…友だちと遊べなくなる…そんな子供たちや保護者を支援するために、教育事業系企業が様々な休校支援を発表しています。
 「らくらく連絡網」は小中学生の保護者がメインユーザーでもあることから、メディアサービス運営社としての休校支援の一環で、教育系企業の小中学生向けの家庭学習関連支援策の情報をサービス内に掲載いたします。
 

  • 保護者が安心できる情報

 「らくらく連絡網」は公式性・必要性の高い情報がやりとりされる連絡網ツールとして、小中学生の保護者世代に広く活用されています。らくらく連絡網の公式性に伴い、利用者の方が学校授業の代理として安心して活用できる、家庭学習支援策を中心に掲載します。

■掲載情報例
・単元テストに関わる内容の無料教材公開
・動画等を利用した無料eラーニングコンテンツやその使い方
・学習塾の教材を特別無料公開
・論理的思考を学ぶ中学生向け書籍の無料公開
 

  • 「らくらく連絡網」とは

 保育園・幼稚園・小中高PTA・少年少女スポーツチームなどの子育て世代を中心に、38.6万団体・685万人が利用する、日本最大級の無料メーリングリストです。
 個人の連絡先を交換しなくても全体で連絡が取り合えるため、必ずしも親しい間柄のみで構成されるとは限らない団体(学校連絡網など)でも多く活用されている点が大きな特徴です。
 年代を問わずどの層にも受け入れられやすく、2019年10月31日にアプリ版が200万ダウンロードを突破しました。

■掲載面例

左:アプリ面 右:メンバー間メール下段

【会社概要】
■社 名:株式会社イオレ
■本社所在地:〒108-0074 東京都港区高輪3-5-23 KDX高輪台ビル9F
■代 表 者:代表取締役社長 小川 誠(おがわ まこと)
■設 立:2001年4月25日
■資 本 金:7億3,785万円 ※2019年12月31日現在
■従 業 員 数:81名 ※2019年12月31日現在
■上 場 市 場:東京証券取引所マザーズ市場(証券コード:2334)
■事 業 内 容:
  PC・スマートフォン向け各種サービスの運営
 (「らくらく連絡網」「ガクバアルバイト」「らくらくアルバイト」)
  インターネット広告事業
  アドテクノロジー商品「pinpoint」の開発・提供
  セールスプロモーション事業
■U R L :http://www.eole.co.jp/

他社登録商標・商標等、記載されている会社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。

教育カテゴリの最新記事