いつもの料理があっという間にシェフの味に。三ツ星シェフのレシピで作った“本物”のフォンドボーがお取り寄せグルメ通販「ブレジュ」より新発売

いつもの料理があっという間にシェフの味に。三ツ星シェフのレシピで作った“本物”のフォンドボーがお取り寄せグルメ通販「ブレジュ」より新発売

株式会社田部(本部:島根県市松江市、代表取締役社長:田部 長右衛門)が運営する通販サイト、三ツ星シェフ ダニエル・マルタン氏監修の「三ツ星シェフのお取り寄せグルメ通販 ブレジュ」( https://www.brejew.com )では、2020年2月より「三ツ星シェフのブレジュプレミアムフォンドボー」の販売を開始しました。

イメージ

◆フレンチの三ツ星シェフがレシピ監修した“本物”の味

「三ツ星シェフのブレジュプレミアムフォンドボー」は、パリの三ツ星レストランや銀座「マキシム・ド・パリ」など数々の有名レストランで腕を振るい、日本に本格的なフランス料理を広めた料理人の一人であるダニエル・マルタンシェフがレシピを監修。

ニュージーランド産と国産の仔牛の牛骨と香味野菜をオーブンでローストして長時間じっくり煮込み、丁寧に漉して仕上げるというフレンチのクラシックな製法をそのまま再現した、本格派のフォンドボーです。

時間をかけてじっくり加熱することで牛骨のコラーゲンが溶け出し、まろやかでコクのある深い味わいに。また自然なとろみがつき、より濃厚な仕上がりになっています。

◆フォンドボー(フォン・ド・ヴォー)とは?

“フォン”は出汁、“ヴォー”は仔牛。つまりフォン・ド・ヴォー(仏:fond de veau)は仔牛を使った出汁のことを指します。本格的なフランス料理には欠かせない基本となるフォンで、様々なソースのベースや肉の煮込み料理用の水分として利用されています。

◆いつもの料理が三ツ星シェフの味にランクアップ!おすすめの使い方

カレーやシチュー、チキン・ポーク・ラムなどの肉を使った煮込み料理を作る際に、加える煮込み水の半量~全量をこのフォンドボーに置き換えるだけで、コクや風味がプラスされ、まるで一流シェフの料理のように奥行きのある味わいに。いつもの家庭料理を簡単に“おもてなし料理”にランクアップできます。

またハンバーグ、ステーキなどのソースにも大活躍。肉を焼いて取り出した後のフライパンに残った油をさっとふき取り、赤ワインやブランデーなどの洋酒を加えてフライパンの底に付いた肉の旨みをこそげるようにしながら煮詰め、そこへフォンドボーを加えてさらに煮詰めます。塩胡椒で味をととのえ、お好みで仕上げにバターや生クリームを少量加えれば、一流レストランにも負けない本格的なソースが出来上がります。

フォンドボーパッケージ

フォンドボー

「三ツ星シェフのブレジュプレミアムフォンドボー」は、ご家庭でも使い勝手の良い500gのサイズ。冷凍でのお届けですので、冷凍庫に常備しておけばいつでも好きな時に手軽に使うことができます。

また本商品は、ハイクオリティな食品を取り揃える老舗スーパーマーケット「明治屋広尾ストアー」での催事(2020年2月19日~2月25日開催)で店頭販売するほか、雑誌「dancyu」公式通販グルメサイト「dancyu.com」( https://www.dancyu.com/ )でも3月から販売予定です。

《商品情報》

・商品名 :三ツ星シェフのブレジュプレミアムフォンドボー

・内容量 :500g

・販売価格:2,800円(税込3,024円)

・賞味期限:製造から1年

・保存方法:要冷凍(-18℃以下)

◆「三ツ星シェフのお取り寄せグルメ通販 ブレジュ」とは

高品質でありながら広く知られることのなかった地方の素晴らしい食材を、日本全国に発信していきたい。「ブレジュ」はそんな想いから生まれました。大量生産に向かない、少々扱いづらいなどの理由で大規模市場では見かけることが少ないけれど、味は逸品。そんな各地の知られざる食材に光をあて、生産者の方々の想いに共感し、その個性を生かした料理を皆さまのもとへお届けしたいと考えています。

テクニカルディレクターに迎えた三ツ星シェフのダニエル・マルタン氏監修による、“素材”にも“製法”にもこだわったブレジュならではの洗練された料理を、バラエティ豊かにラインナップ。まるで一流レストランで味わうような本格的な料理を、ご家庭で簡単に再現できるよう完成した状態で冷凍・パッケージングしてお届けしています。

▼三ツ星シェフのお取り寄せグルメ通販 ブレジュ

https://www.brejew.com

◆三ツ星シェフ ダニエル・マルタン氏

15歳から本格的に料理を学び、フランス各地で腕を磨いてきたダニエル・マルタンシェフ。25歳でパリ「カルベ」の料理長として一ツ星を獲得後、28歳でパリ「マキシム」(当時三ツ星)の副料理長、31歳でパリ「ホテルリッツ」(二ツ星)の副料理長に就任、そして35歳で銀座「マキシム・ド・パリ」総料理長として来日。37歳の時にMOF(フランス国家最優秀職人章。日本の人間国宝に相当するタイトル)のファイナリストに選出されています。

その後は代官山のフランス料理学校「ル・コルドン・ブルー東京校」の校長・教授を歴任し、日本のフランス料理界の飛躍的発展に貢献。現在は数々のコンサルティング業、ダニエル・マルタン料理教室、ワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の講師の他、ブレジュのテクニカルディレクターとして伝統的なフランス料理から日本の食材を生かした新メニューまで、さまざまな商品開発に精力的に取り組んでいます。

ダニエル・マルタンシェフ

◆メディア紹介も多数

“こだわりのお取り寄せグルメ”として、看板商品の「奥出雲和牛のプレミアムローストビーフ」がTVや雑誌等のメディアで度々紹介されているほか、百貨店や通信販売のギフトカタログ、大手ビールメーカーの懸賞品としても採用されています。

◆会社概要

会社名  :株式会社田部

      http://www.tanabeco.com

本部   :島根県松江市魚町49番地

東京事業部:東京都港区赤坂8-5-40 ペガサス青山レジデンス440

代表者  :代表取締役社長 田部 長右衛門

創業   :1946年11月

事業内容 :外食・食品事業など

IT・ネットワークカテゴリの最新記事