ノースーツ、ノータイ、スニーカー&リュックOK! 2020年の通勤スタイルは、“オンオフ兼用”がキーワード。

ノースーツ、ノータイ、スニーカー&リュックOK! 2020年の通勤スタイルは、“オンオフ兼用”がキーワード。
2月15日(土)発売の『Begin4月号』は、「仕事・休日どっちも使える 靴&カバン」と題して、“オンオフ兼用”で使える靴&カバンを厳選してお届けします。

2020年、一億総カジュアル化はますます加速し、ノースーツOK、ノータイOK、スニーカー&リュック通勤OKの企業が増えています。ならばいっそ、これからの靴&カバンは、仕事・休日“どっちも使える”視点で選ぶのが絶対に賢い! 何よりお得!!というわけで今回の特集は、オンオフ兼用に徹底フォーカスしました。結局“どっちかだけ”になっちゃうよね……?なんて心配ご無用!の週7ハッピーになれる♪靴&カバンを厳選してお届けします。

■スーツからチノパンまでダッドローファーが今一番使える!

もはやスニーカー通勤が当たり前とはいえ「週7 スニーカーなわけにもいかないでしょ?」な方にご提案したいのが"ダッド"ローファー! ベーシックなローファーのアッパーにぽってり厚底なソールを装着し、履き心地快適にしてルックスもどこか今どき。今号で紹介している、ビブラムのモルフレックスソールを搭載した「YAMACHO MADE」の一足は、本格然としながら軽量&クッション性抜群で、履き心地はまるでスニーカー。カジュアルパンツに相性◎なのはもちろん、シュッとしたスーツにもこのボリューム感が意外やグッドバランスです。キチンと感と歩きやすさを両取りし、おまけにオンオフどっちも新鮮になれるダッドローファーこそ、毎日使える靴の筆頭です。

■スーツからスポーツMIXまで"裏ロゴ"グレゴリーが無敵すぎる!
もはやスーツにリュックは当たり前。とはいえアウトドアなリュックは子供っぽいし、休日にビジネスリュックは堅苦しい……。どっちもイケてるリュックってなかなか見つかりません。 そんな状況に終止符を打つべくビギンが着目したのがグレゴリー。姿形はどう見てもあの傑作なのに……、あれ?ロゴがない!? ミニマルすぎて逆に新鮮! !な本作は、80年代に存在した"裏ロゴ"デイパックから着想を得てビギンが別注したスペシャルモデルです。ロゴを隠したことによって、見慣れた大定番がスーツにもきっちりとハマります。 もちろん山スペックの存在感はそのままだから、スポーツMIXなカジュアルにもバッチリな逸品です。

 

<目次・特集>
■仕事・休日どっちも使える 靴&カバン
■汗をかかずに即ウィット♪な スウェット買いの10大図鑑
■お洒落のプロが教える TOKYO スニーカー通勤 SNAP
■スーツと見紛う セットアップ カタログ

<発行概要>
『Begin 4月号』
■発行:世界文化社
■発売日:2020年2月15日(土)
■定価 :690円(税込)
■公式HP:https://www.e-begin.jp/

エンタメカテゴリの最新記事