JCB、『「5」のつく日。JCBで復興支援』

NO IMAGE
株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、東日本大震災などの自然災害によって被災した地域の復興支援を目的に、『「5」のつく日。JCBで復興支援』を、2011年から9年連続して実施しています。このたび、第9回(2019年2月~5月の間、全12日にわたり実施)の支援金額が決定しましたので、お知らせいたします。
■ 『「5」のつく日。JCBで復興支援』とは
対象月の「5日」「15日」「25日」のJCBカードご利用1回につき1円を被災地への支援金としてJCBが拠出するもので、会員の皆様がJCBカードでお買い物するだけで、被災地の復興支援を行うことができます。

(参考)JCBの社会貢献への取り組み

■支援金額について

第9回支援金額 第1回~9回までの支援金額合計
77,974,510円 528,739,049円

 

■支援金の利用用途について
本取り組みによる支援金は、公益社団法人日本フィランソロピー協会(※1)を通しての支援をはじめ、さまざまな復興支援活動に役立てられます。これまでの支援金は、同協会等を通じてNPO法人などに寄付され、被災者の自立支援やコミュニティ再生、次世代育成、地域文化や産業の振興などの目的に有効利用されています。
 

JCBは、今後も、決済インフラを担う事業者として決済の機能を活かし、本業を通じた災害被災地支援に取り組んでまいります。

 ※1 1960年に発足し、2009年に公益社団法人としての認定を取得。企業の社会貢献活動を中心に、従業員をはじめ一般市民のボランティア・マインド、寄付文化を醸成するためのきっかけづくり、受け皿の育成など、さまざまな社会貢献プログラムを実施。

金融・保険カテゴリの最新記事